カンジタ 石鹸

MENU

カンジタ,石鹸,しみる,カンジダ,妊娠中

通院中でも使える“しみない”カンジタ用石鹸

カンジタは白いおりものが気になるだけでなく、とっても痒いんですよね(._.)

 

今まで、カンジタになるたびに痒くてかきむしってしまい、しみるからしっかり洗えないのが気になっていたのですが、デリケートゾーン用の石鹸KADASON(カダソン)を使うようになって、とうとう解放されました♪
KADASON(カダソン)は、膣周囲の環境と同じ弱酸性だから、低刺激でしみにくくなってるんです。

 

 

普通の石鹸はアルカリ性で刺激の強いことが多いからしみるんだそう。
デリケートゾーンは洗いすぎもよくないとはいえ、よく洗わないと余計かゆくなるし、暖かい時期は臭いも気になります。

 

KADASON(カダソン)なら、いつもの石鹸やボディーソープと同じように使うだけで、
カンジタの時の不快さを軽減してくれました。
かきむしらなくなったせいか、いつもより治りが早くなったような気がしています!

 

 

カンジタ,石鹸,しみる,カンジダ,妊娠中

デリケートゾーンのケアは【KADASON(カダソン)】ボディソープで!

デリケートゾーン用の石鹸って意外といろいろあるのですが、いくつも試した結果、【KADASON(カダソン)】のボディソープがとても良くて、それ以来ずっと愛用しています(´▽`)♪

 

膣カンジタははじめて罹ったときは、性病かもと心配ですけど、これってとても身近な病気で、10〜50代の日本人女性の5人に1人、診断経験があるんだそうですよ。
だからきちんと治療すれば、恥ずかしい病気ではありません。

 

気をつけたいのは、一度かかると再発することが多いこと...。
私も以前から頻繁に再発していて。
治療中でも使える、しみない石けんを探していたんです。

 

カダソンを使い始めて半年以上経つのですが、治療中も問題なく快適に使えたし、
治ってからも使い続けているせいか、今のところカンジタの再発はしていません!!

 

1本250mLあたり3,218円(税込み)と一般的なボディーソープと比較すると高めの値段設定ではあるのですが、その分抜群の品質だと思いますし、私は気になる部分にしか使っていないので、毎日使ってもなかなか減りません( `―´)ノ

 

※セット購入だと1本250mLあたり2,414円(税込み)まで安くなります。

 

カンジタ,石鹸,しみる,カンジダ,妊娠中

 

カダソンに使われている配合成分

 

石けんやボディーソープは、すぐに洗い流してしまうとはいえ、
カンジタの時、しかもデリケートな部分を洗うのですから、成分にもこだわりたいですよね。

 

◆サリチル酸

高い殺菌・抗炎症作用を持つ成分。反面、肌への刺激が強いため、化粧品に配合する際には明記することが義務づけられている表示指定成分なんです。

 

と聞くと少し怖い成分のように感じてしまいますが、そんなことはありません。

 

化粧品やシャンプーに使われるときは、必要な効果を残しつつ副作用のない量が調整されているんです。
もちろん毎日使っても、問題ありませんでしたよ(´▽`)
アトピー性皮膚炎の方だけは注意!ヒリヒリする場合があるんだそうです。

 

◆ココイルグリシンK
◆ラウラミドプロピルベタイン

 

低刺激で安全性の高い、洗うための成分です。
効果・特性としては、洗浄力が高めで、クリーミーで弾力のある泡を作るのに一役買っています。

 

シャンプーやボディーソープなど、多くの商品に広く使われていますよ。

 

◆シロキクラゲエキス

キクラゲと言えば、私たちが普段目にしたり食べたりするのは「クロ(黒)キクラゲ」(ラーメンなんかにのっているあれ)、スーパーなどでも見かけるし比較的安価なものですよね。
一方、【KADASON(カダソン)】ボディソープに使用されている「シロキクラゲ」は、貴重で高価な成分のため高級化粧品に使用されることが多いそうです。

 

このシロキクラゲは、抜群の保湿力を持ち、その重量に対して約500倍の保水力があると言われています。つまり、1gのシロキクラゲは500g(ペットボトル1本分)の水を吸収することができるということ!!
これは驚きでした!ものすごくたくさん水を吸う小さなスポンジといった感じですかね(^◇^)

 

かゆみがあるときは、乾燥して細かい傷がたくさんあるんだそうです。
保湿してしっとりするから、カダソンを使うとかゆみが治まるのかもしれません。

 

◆レイシエキス

 

高湿度の山地や樹木に生える霊芝(れいし)というキノコから取れるエキスで、保湿作用・消炎作用・免疫細胞を活性化させるなどの働きを持っており、副作用の心配はないと考えられています。

 

発芽率がとても低いため大変貴重なキノコで、漢方薬や高級化粧品などに使用されています。

 

【KADASON(カダソン)】ボディソープは、一般的なボディーソープと比較するとちょっと高いですよね…。でもそれは、こんな貴重で高価な成分が含まれているからこそ。納得ですよね!
実際使ってみると、それだけの良さを感じられます(´▽`)

 

ちなみに、【KADASON(カダソン)】ボディソープには香料は含まれていませんので、香料で肌が荒れる方とか、妊娠中など香りに敏感な人でも、問題なく使えますよ。

 

カンジタ,石鹸,しみる,カンジダ,妊娠中

 

【KADASON(カダソン)】ボディソープの気になる口コミ・評判は?

 

ネットでお買い物をするときは特に、実際に使った人の声が気になりますよね。
KADASON(カダソン)の口コミ・評判を探してみました。

 

 

生理前や、忙しい時期に免疫が下がると発症してしまうカンジタの時にも使用できる石鹸を探していました。
【KADASON(カダソン)】ボディソープを使うようになってから、乾燥などの肌トラブルも起きづらくなり、デリケートゾーンのケアに悩まなくなりました。今後も愛用していきたいです。
(30代 会社員)

 

 

生理の度に起こる肌荒れにうんざりしていました。
でも、こちらの商品を使っているうちに、肌荒れや痒みが気にならなくなり、肌質は柔らかく、黒ずみは薄くなって、驚いています!
洗い上がりのベタつきもなく、初めて使用したその日から効果を実感できて、お気に入りになりました。
(50代 主婦)

 

 

以前は、疲労・ストレスなどですぐにカンジタが発症してしまい、そのたびに婦人科に通っていましたが、この商品を使用し始めてからは再発しにくくなりました。しっかりケアできているんだなと効果を実感しています。
洗い上がりやデリケートゾーンへの刺激を考えると、普通の石鹸より絶対おすすめです☆
(20代 学生)

 

 

こちらの商品はカンジタの治療中でも優しく洗えるので助かっています!
試しに洗顔にも使ってみたところ、とてもよかったので今は頭以外全身これを使って洗っています。今後も愛用したいと思います!!
(40代 パート)

 

 

口コミ・評判を見ていると、肌トラブルが起きにくくなった、デリケートゾーンのケアに悩まなくなったなど、効果・品質を評価する意見が多くありますね。
私は、いつもデリケートゾーンを洗う際にだけ使用していたのですが、今度洗顔にも使ってみようかなと思いました(^^♪

 

カンジタ,石鹸,しみる,カンジダ,妊娠中

石鹸での洗いすぎはよくない?カンジタの原因いろいろ

普通の石鹸・ボディーソープ(デリケートゾーン専用でないもの)で、あまりゴシゴシ洗いすぎると、カンジタの原因となってしまうことがあるようです。

 

カンジタが発症する原因となる菌(カンジタ菌)は、常在菌といわれる健康な人の体にも存在している細菌。
膣内には有害な菌を退治してくれる乳酸菌やデーデルライン桿菌などの善玉菌も住んでいます。

 

刺激の強いアルカリ性の石鹸で洗いすぎるとこれらの善玉菌が洗い流されてしまい、膣内はカンジタ菌が繁殖しやすい環境になる恐れがあるというわけ。

 

この、”刺激の強いアルカリ性の石鹸”って、市販の石鹸のほとんどがコレ。
洗うものも気をつけなきゃいけませんね。

 

 

そのほかにも、カンジタの原因になるのは、以下のようなこと。

 

 

◆免疫力の低下(風邪・疲労・ストレス・妊娠中など)
◆ホルモンバランスの変化(生理前後・妊娠中など)
◆高温多湿環境(夏場の蒸れ、発汗など)

 

いずれもカンジタ菌が繁殖しやすい環境をつくってしまうことに繋がるのだそう。
自分ではどうにもできないことも多いですが、できることは対策してみると、再発を減らせる可能性が上がりますよ!

 

カンジタ,石鹸,しみる,カンジダ,妊娠中

カンジタになりにくくするには?

 

カンジタには、以下のことも気をつけてみると効果的でした。
カダソンを使いつつ、一緒に試してみてくださいね。

 

◆食生活

 

カンジタ菌対策としては、野菜や海藻類のほか、玄米やヨーグルトなどが良いと言われています。
※逆に、砂糖を含む甘い物やお酒などは、カンジタ菌を増やしてしまう恐れがあるそうです。

 

 

◆しっかりと睡眠をとる(早寝早起き)

 

様々な都合によって、たっぷりと睡眠時間をとることができない・難しいという人も多いですよね!
しかし、睡眠は疲労・ストレス・ホルモンバランスなどに大きく影響することです。
毎日のことですし、睡眠について(量・質ともに)何か改善できることはないか探してみるのも良いかもしれませんよ(^◇^)

 

 

◆ストレスをためない

 

「ストレスは万病のもと」という風にも言われます。
カンジタに限らず、病気にならないためも、ストレスをためない・うまく解消することが大切かと思います。

 

 

◆通気性の良い下着を着用する

 

特に夏場など、暑い時期には蒸れやすくなるので、気を付けたいところです。
タイツ・ストッキングをできるだけ避ける、摩擦を避けるとだいぶ違いますよ。

 

とはいえ、外出の際にはある程度仕方ないんですよね。
綿素材の下着やトレンカにすると、蒸れがかなり防げます。

 

家にいるときはゆったりとした服を着るなど、ちょっとした工夫もできますよね♪

 

 

◆病院で処方された薬は使い切る

 

病院でカンジタと診断されると薬を処方されます。
当然、何週間分かまとめて渡されるのですが、「症状が治まってきたから」と途中で使うのをやめてしまうと、またすぐに再発してしまうことがありますので、処方された薬はすべて使い切るようにしましょう!

 

 

◆デリケートゾーンを清潔に保つ


洗いすぎはよくありませんが、適度に洗って清潔にしておくことが、発症・再発の予防になると言われています(´▽`)
KADASON(カダソン)を使いはじめてから、カンジタになっていないから、コレけっこう効果あると思います。

 

 

あとは、ぐっすり眠ることも効くみたいです。私は、夜勤の多い仕事をしているので、早寝早起きはなかなか難しいのですが、テレビを見る時間を減らして睡眠時間を6時間以上取るようにしたり、ぐっすり眠れるようアイマスクを使うようにしています♪

 

カンジタ,石鹸,しみる,カンジダ,妊娠中

妊娠中は特に気をつけて!デリケートゾーンの正しい洗い方

 

カンジタになると、かゆみかったり、いつもよりきれいにしようとしたりして、つい強く洗ってしまうもの。
正しい洗い方のポイントをご紹介しますね!

 

石鹸・ボディーソープをしっかり泡立てて、手(指の腹)を使って洗う

皮膚が薄く粘膜が多いデリケートゾーンを洗う際には、タオルやスポンジを使わずに指の腹で(爪を立てないように注意しながら)優しく丁寧に洗うのがよいとされています。
綺麗に洗おうとするあまりゴシゴシこすりすぎないように、気を付けましょう。
デリケートゾーン向けの刺激の少ない石鹸・ボディーソープを使用するとベストです。

 

洗い方は「前から後ろに向かって」

アンダーヘアなど前の部分から順に洗っていき、最後に肛門を洗うようにするとよいです。
これは肛門付近の菌がデリケートゾーンに入って繁殖することを防ぐためです。
また、お風呂で洗う時だけでなく、トイレに行った際にも、同様に「前から後ろに向かって」一方向に拭くように心がけましょう!

 

洗い流すときはぬるま湯で

デリケートゾーンを洗うときには、石鹸・ボディーソープを使用する前と後の2回、人肌程度(35〜37℃)のお湯で洗い流すとよいとされています。
特に洗い終わりには、泡が残らないよう念入りに目で確認しながら洗い流していきましょう。
温度の高すぎるお湯で流すと、乾燥やダメージの原因となってしまうこともあるので注意しましょう!
なお、シャワーを直接当てるのは、刺激が強すぎるためあまりよくないと言われています。

 

カンジタ,石鹸,しみる,カンジダ,妊娠中

高級成分配合【KADASON(カダソン)】ボディソープは定期コースがお得!

【KADASON(カダソン)】ボディソープを試してみたい!
という方は『2本定期注文コース』をご利用されるとお得に使えます(´▽`)
このコースは、2本(250mL×2の計500mL)で5,150円(税込み)、さらに送料無料となっています。

 

単品購入の場合だと1本3,218円(税込み)+送料650円で合計3,868円かかるので、1本あたりに換算すると断然お得なのがわかります。

 

しかも、定期注文コースなのに、「最低何回は注文してください」みたいな決まりがなく、解約が自由なんです。つまり、一度だけの注文で利用することも可能ってことなんですね!

 

「私は絶対に1本しか使わないわよ( `―´)ノ!!」
という方以外は、単品購入ではなく、2本定期注文コースの方がお得でおすすめです。
そして、気に入ったので愛用したい!という場合には、『3本セット購入』9,655円(税込み)・送料無料がさらにお得です!

 

というのも、こちら3本購入するともう1本が無料でついてくるので、実質4本セット(1000mL)でこの価格なんです。1本あたりに換算するとこの購入方法が一番お得ですよ!

 

 

デリケートゾーンの汚れをしっかり取り除き、清潔に保ってくれる【KADASON(カダソン)】ボディソープなら、
カンジタのときにしみて痛くて洗えない...

 

そんなことがなくなるから、毎日快適に過ごせるようになります。
辛いカンジタを1日でも早く治せるように、是非試してみてくださいね。

カンジタ,石鹸,しみる,カンジダ,妊娠中

更新履歴